2011年07月27日

トマトの摘果・摘心・おいしい食べ方

NHK『趣味の園芸 やさいの時間』
ふぞろいのベジタブルが更新されました〜


第5話
トマトの摘果・摘心・おいしい食べ方
http://p.tl/MgnU

fzo52.jpg

漫画はトマトの料理の話ですが、
ちょうど我が家の家庭菜園のトマトが収穫でした。
去年はプチトマトで採れすぎて困ったので
今年は大玉トマトにしたのですが、
見た目は大玉という割には小さいです。

でも味がその分しっかりしていました。
昔のトマトの味。
すっぱい。
自分で育てたかと思うとさらに美味しさ3割り増しですね。


fzo51.jpg


みなさんもベランダで一株どうでしょうか?
家庭菜園が楽しいのは収穫時期だけじゃなくて、
育つ様子を毎日眺めて楽しめるところです。
癒される。
皆様ぜひ!

漫画の感想もお待ちしております。
posted by いわきりなおと at 15:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月29日

憧れの先輩とキュウリの収穫

「ふぞろいのベジタブル」の第4話が更新されております。

第4話 憧れの先輩とキュウリの収穫
http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_s_vegetable

huzo4.jpg

漫画のなかでキュウリを収穫していますが、
我が家のベランダ菜園もキュウリの収穫が始まっております。
娘のおやつですね。野菜スティック。

大玉トマトも育ててますがやっと実を現し始めました。
現在プチトマトくらいのサイズです。
来月には大玉くらいになってるのかな。

IMG_tomato.jpg

あととうもろこしもやっと姿を見せ始めてくれました。
ヒゲがわきからふさふさと。
茎の先に実がなると思ってたけど、わきからなのね。
勉強なるわ。

IMG_tou.jpg


来月の収穫楽しみです。
漫画の感想お待ちしております。
posted by いわきりなおと at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月04日

間引きと追肥

暑かったり、寒かったり、
晴れたり、曇ったり、
そんな感じの近頃ですね。
どんも〜!!

はい。
「ふぞろいのベジタブル」の第3話が更新されております。


fzo3.jpg

第3話 間引きと追肥
http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_s_vegetable

ということで、我が家のベランダ菜園も
間引きと追肥作業をコツコツやっております。
今日はトマトのわき芽を取ってあげました。

そして我が家は今年、キュウリ&ゴーヤのグリーンカーテンに挑戦していますが
たった一ヶ月でもグイグイ成長するので育てて気持ちいです。

sengetu.jpg


キュウリの方はもう一本目が収穫できました。
ベランダきゅうりという中くらいの品種ですが、
3歳の娘がポリポリともぎたてに食らいついておりました。
もぎたてはやっぱり美味しい。

はやく大玉トマトととうもろこしも収穫したいです!

9ri.jpg
posted by いわきりなおと at 23:43| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月08日

苗選び

ゴールデンウィーク終りましたね。
次の祝日は7/18まで無いという…。
ええ…

まぁそんな事は置いといてゴールデンウィークの思い出を、
というかまずはゴールデンウィーク前の4月末の思い出を。

WEB連載
「ふぞろいのベジタブル」の第2話「苗選び」が更新されました。

fzo2.jpg



http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_s_vegetable

こちらは園芸マンガなんですが、
それにあわせて我が家のベランダ菜園もちょっと充実させる事に。

イチゴ、トマト、ゴーヤー、キュウリ、とうもろこしを二株ずつ植えました。
トマトは去年、プチトマトを作りまして(つっても嫁が育てたんだけど)
それがもう食べきれないほど次から次に実ったので、
今年はプチではなく大玉にチャレンジしました。
ベランダで大玉トマト。
イメージできないけどちゃんと育てあげようと思います!

IMG_0715.jpg



ちなみに僕は野菜をメインに植えてますが、
嫁さんはお花をメインに植えてまして、
そちらはいろいろすでに満開でうらやましいです。

ベランダ菜園って主婦がやるイメージがありますが、
土いじりや苗えらびなど、いろいろカスタム要素があるので
そういう意味では男子の方がハマったらものすごくハマりそうな気がしてます。

うちの親父が老後は田舎に帰って畑仕事をしたいとよく言うのですが、
だんだんその気持がわかる年頃になってまいりました。

そんなこんなで皆様「ふぞろいのベジタブル応援よろしくお願いします。
posted by いわきりなおと at 22:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月22日

ふぞろいのベジタブル

新しい漫画が始まったよー

WEBと雑誌で同タイトル同時連載なんですが
主人公が違うという変則的な連載です。

WEB連載はこっち↓
toma.jpg
ふぞろいのベジタブル WEB版
http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_s_vegetable

雑誌連載はこっち↓
toma2.jpg
『趣味の園芸 やさいの時間』 2011年4月号 発売中


ちなみに雑誌版の「ふぞベジ」は80年代ハートカクテルのような仕上がりでこちらもかなりおすすめです。

どうぞよろしくお願いします。
感想お待ちしております。
posted by いわきりなおと at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画のコーナー

2011年03月16日

日本は終わってない、むしろ始まった

5901.jpg

まさかこんなタイミングで国宝トゥナイトの最終回を
更新する事になるとは思ってませんでしたが更新しました。

日本に生まれてよかった。
和を以て貴しとなす。
【国宝トゥナイト】最終回公開&全話開放!

http://p.tl/dXQZ

________________

あとここからは時間のある人へ↓


長文にしたくないので結論から入ります。

「日本は終わってない、むしろ始まったんです」

それは日本の歴史が証明済みです。

黒船にびっくりしてた国が30年そこらで近代国家の仲間入りしたり
(龍馬伝の30年後が坂の上の雲だぜ!信じられる!?)

戦争でアメリカにボッコボコにされた国が
20年そこらでGNP第2位の経済大国へ成長。

日本人の勤勉さは必ず国を復興させるのです。

歴史関係の本を読むたびに、
「昔の日本人は本当に偉かったなぁ」と思います。

それに比べ、俺らの世代は何かやったか?
不況も乗りきれずに90年代なんて失われた10年とか呼ばれているし。

日本人は変わってしまったのか!?

と、そう思っていたところに、今回の震災。

バブルがはじけて不況になっただけで、「日本おわった…」とか言ってる人がいますが、
それを言ったら今の日本なんて

100年に一度の大不況に、

観測史上最大の大地震と大津波

世界最大級の原発事故

これが同時に起きてしまっている。

漫画やパニック映画の設定でもここまでひどくない…

それなのに日本は…それなのに日本人は…

略奪、暴動、パニックを起こさずにお互いを助けあう。

その和を大切にする姿を見て世界が驚き賞賛する。

そう、日本人はなんも変わっていなかった。

開国当時の日本を観た外国人は、
明るくて、真面目で、誠実、この世の楽園とびっくりしたという記録が残っています。

聖徳太子の十七条憲法でも一番最初に挙げたのが和を大切にする事です。
大昔から日本人は変わっていなかったのです。

だから今回の震災も日本は絶対に持ちこたえ、
さらに発展復興するというのは、歴史が証明しています。

「昔の日本人は偉かった」

今度は僕らの世代がそう言わせる番なのです。

必ず持ちこたえて、孫の代に語ろうじゃありませんか!

「昔の人達はあの危機を乗り越えた」

日本は終わってない、むしろ始まったんです。
posted by いわきりなおと at 22:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画のコーナー

2011年03月11日

最近のいろいろ

koku58.jpg

最近のいろいろです


★国宝トゥナイト更新しました〜最終回まで残り1話

58話「世界遺産の中心でアイを叫んだもの」
http://p.tl/dXQZ

★映画ロードオブザリング3部作にハマり連日連夜で鑑賞するが
3部作最期の「王の帰還」の残り30分に傷があり観れない。
ここまで来て結末わからない。

★代わりにベストキッドを観る。

★関ヶ原の合戦クラスの合戦で一度戦ってみたい。

★↑58話の沖縄で鳴いているセミがミンミンゼミだったんですけど、
それを観た自然博物館の元館長様から沖縄にはミンミンゼミはいないとメールを頂く。
すごい人が読んでた。
リュウキュウアブラゼミに変更。

そんな感じです。

漫画の感想お待ちしております。
posted by いわきりなおと at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月24日

悲しみよこんにちは

oki.jpg


国宝トゥナイト更新しました〜

最終回まであと少し!沖縄編です

57話・「悲しみよこんにちは」
http://p.tl/dXQZ

ということで、この沖縄編は、数年前に沖縄の団体から
CGアニメについて講演をしてくれという依頼があり、
楓ニュータウンのプロデューサーと一緒に出かけて行ったときに
ついでに取材したものです。
ちなみ沖縄様はこんな僕達でもVIP待遇してくださいました。

男ふたりなのに、すげー楽しかったです。
また沖縄行きたい…。


つうことで漫画の感想お待ちしております。
最終回まであと少し!
posted by いわきりなおと at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 国宝トゥナイト!

2011年02月03日

創作論を語る

iwa.jpg

一週間以上も前になりますが、
いわきりなおとトーク&サイン会ってのをやりまして
無事終了いたしました。

国宝トゥナイト作者「琳派を語る」
〜模写ればわかる〜feat.日本美術、引用とサンプリング

http://www.910ryu.com/column/000088.html

もともと人の創作論や創作方法を調べたり知るのが大好きで
そのために映画や漫画や本をひたすら読んでるところがある僕ですが
そんな僕に「好きなテーマで話してください」というオファーがあり
実現したのがこの講演会でありました。

テーマがもろ「創作論」に関わる内容なので
予定時間の倍も話してしまった僕でした。

当日着てくださった皆様、長々とお付き合い下さりありがとうございまいした!!
でももっともっと語りたかったわw

ということで、国宝トゥナイト更新しました


5601.jpg

56話「サヨナラさえ上手に言えなかった」
http://p.tl/1Twz

東京の国宝、正福寺地蔵堂編です。

てんこりんの運命の人はいかに!?

ご感想お聞かせくださいませ。
よろしくお願いしますよろしくお願いします
posted by いわきりなおと at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 国宝トゥナイト!

2011年01月15日

自宅で最期を迎えるという事

嫁のお母さんの葬儀の為、一週間ほど大阪に帰ってました。

10年ほど闘病生活をしてきた義母でしたが、
それでも周りに見せる姿は明るくとてもチャーミングな
義母だったと思います。

それでもいよいよ今年の正月を迎えられるかどうかという
医師の診断だったので、まだ日本では珍しい自宅で最期を迎えるという
選択をした義母でした。

クリスマスから亡くなる1/9までの2週間の間、
里帰りしてきた自分の家族や孫達に囲まれて
すごく充実した最期を迎えられたのではないかと思います。

送り出す側としても24時間常に家族の誰かが
そばで付き添ってあげられるというのは
とても自然な感じがしました。

日本では9割の方が病院で亡くなるそうですが、
今回の義母のように意識がはっきりしているうちに
自宅に戻り、チューブにつながれる事もなく
孫と2週間も遊んで過ごして最期を迎えるのも
幸せなカタチなのかなと送り出す家族としても思えました。

「孫と一緒にクリスマスとお正月を迎えられるなんて
ほーんとしあわせ!」

と義母が明るく言った言葉が僕は忘れられません。
これが僕との最期の会話なんですが、
ああよかった、と思える会話内容ですよね。

本当によかったです。

60代という若さで亡くなったお義母さん。
大好きだったです。
posted by いわきりなおと at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記