2012年06月19日

「○○だったら歳時記を大切にしなさい」

DSCN1776.jpg

「どうして酒も飲めない僕が梅酒を作る事になったのか?」

大人になってみてわかった事がある。
親や先生が言うことって本当なのだ。

「そんな格好みっともないからやめなさい」
「ちゃんと勉強しないと大人になった時困るよ」

まったくその通り。

なのに若い時の僕ときたら「うるさいババァ」としか思ってなかった。
バカだ僕。
ごめんよ母さん。

大人の言うことは経験から得た真実なので本当なのだ。

…、という事で梅酒を作る事になった。

先月仕事で香川県に行った時、宴会の席でそこの親分肌の偉いさんにこう言われたのだ

「いわきりさんよぁ、日本人だったら歳時記を大切にしろよォ」

四季のある日本に生まれたんだから季節の行事を大切にしなさいと、
酔っ払いながら僕に言うのである。
若い頃の僕だったら「また大人がベタな事言ってるよ」とスルーするところだが、
今の僕はちがう。
これは経験から得た真実を教えてくれているのだと感謝した。

「日本人だったら歳時記を大切にしなさい」
これは当たり前の話ではあるが、
「日本人だったら」の部分を自分の職業にも置き換えられるというのだ。
「○○だったら歳時記を大切にしなさい」

これを教えてくれた一見ヤクザ風のおじさんの本職は、役所の偉いさんである。
お城や観光地、文化財のPRの部署にいた。
マスコミに訴えかけなくてはいけない部署である。

ずっとその仕事をしてきた経験から得た真実が「歳時記を大切にする」なのである。
いろんなPRやイベントをしてきた中で、歳時記と絡めたPRやイベントにすると反響が大きいという
経験を僕に教えてくれたのだ。

「○○だったら歳時記を大切にしなさい」
僕はクリエーターなので、「クリエーターだったら歳時記を大切にしなさい」となる。
今まで歳時記なんてまったく気にしてなかったが、ひょっとしたら歳時記を大切にする事で、
少しはクリエーターとして成長するのではないか。
それならよろこんで歳時記を大切にするよ。
こと創造については貪欲な僕である。

そして話はやっと梅酒となる。

日本には6月になると梅酒を作るという習慣があるというのを最近知った。
そういやツイッターでみんな梅酒作ったって言ってるわ。
どのスーパーにも梅や梅酒の容器のコーナーができてるわ!!
そういや梅雨にも梅の字が入ってるじゃないか!
酒飲みでは無いとはいえあんまり無知ではないか僕!!

慌てて梅酒を作った僕。嫁さんと娘は梅シロップ(梅ジュース)を作った。

これで来年からは梅酒を見ると6月を感じられるようになるのかもしれない。


ちなみに写真は梅シロップと娘。
僕の顔を知っている人は娘の顔を見て笑うといいさ!


「○○だったら歳時記を大切にしなさい」
あなたの場合はなんですか?
posted by いわきりなおと at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56564015

この記事へのトラックバック