2010年11月10日

国宝トゥナイト書籍化、何がその気にさせたのか

5301mini.jpg

国宝トゥナイト書籍化までの思い出 その2

国宝トゥナイト書籍化までに、
実は何社からか出版オファーをいただいていたのですが、
今回はその記念すべき一社目のオファーの思い出を書きたいと思います。

「国宝トゥナイト書籍化、何がその気にさせたのか」


出版目的ではなく、完全に自分の趣味で描き始めた国宝トゥナイトですが、
とは言え、描き始めた2008年はブログの書籍化ブームだったので
国宝トゥナイトも書籍化してくれよ〜、という思いはありました。
なぜなら漫画本を出すというのは子供からの夢だったからです。

そしたらなんと描き始めて一ヵ月後、出版オファー来る!
まだ8話しか描いてない段階でのスピードオファー。
しかも大手出版社!
なんと見る目のある編集者だ!!と思い、さっそく会いに行く。

「国宝トゥナイトおもしろいです」
「これは売れると思うんですよね。ジワジワ」

ジワジワ売れる=爆発的ヒットはしないって言われてるも同然でしたが
それでもプロの編集者に褒められてすっかりその気の僕。

「このまま企画会議に出しますので、そこで上からOKが出れば出版です」

と言われ、これは絶対OKもらえるだろうといつもの超プラス思考の僕。
印税で何買うか色々妄想してウットリする毎日(笑)
そして一週間後、そんなノーテンキな僕は谷底に落とされる。

「すいません…、上のOK出ませんでした…」

えええ〜!
夢が叶うとすっかり浮かれていた僕でしたが、
たとえ担当が気に入っていても、上がOK出さない限り企画は通らないという大手出版社の高い壁を思い知る事となった。
さすがにこの時はかなり落ち込みましたが、

上のOKが出なかった原因は色々ある。

でもこれはいいことなのだ。

その原因を一つずつつぶしていけばいいだけの話なのである。

失敗から何かを学ぶ男、むしろ失敗を喜ぶ男、それがオレいわきり。
ちょwかっこよすぎるw

「じゃあOK出なかった原因ひとつずつ潰していったら
出版できるなぁ。わくわくするなぁコレw」

とまたもや浮かれ始める僕でした。
超プラス思考なのはよく指摘されますが、自覚あります。

出版する気無しで書き始めた国宝トゥナイトでしたが、
この担当さんとの出会いですっかり書籍化を視野に入れる事となりました。
その担当さんとは、またいつか一緒に本を出しましょうと声をかけられ、
円満なお別れとなりました。

後日、その担当さんから出版おめでとうメールと
あの時は力になれなくてすいませんという内容のメールを
いただきましたが、
あの時にすっかりその気にさせてくれたのが、
今回の出版につながったと思っていると、
むしろとても感謝していると返信いたしました。

あの時点でもう書籍化は決まっていたのだ。

あとは出してくれる出版社を探すだけ(笑)

必ず出版企画の再起を誓う僕。
そしてそこへ、続けざまに2社目からのオファーが舞い込んだ。
この2社目がなかなかくせ者でしたというお話はまた次回!

では更新情報

【国宝トゥナイト】更新
東大寺二月堂にやってきたてんことひらぎの。
二人の仲が急展開!?

「君が思い出になる前に」
http://p.tl/1Twz

漫画の感想お待ちしております!
posted by いわきりなおと at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国宝トゥナイト!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41668674

この記事へのトラックバック