2010年11月05日

なぜ国宝トゥナイトという漫画を描いたのか

52.jpg


ちょっとずつ国宝トゥナイト書籍化までの思い出を書いていこうと思います。

「国宝トゥナイト書籍化までの思い出」その1

「なぜ国宝トゥナイトという漫画を描いたのか」というお話を。

まず、結論から言うと、
「漫画で日本美術を勉強できる本が読みたいのに
世間に無かったので自分で描いた」です。

いろいろ探したけど、僕が求めているものが無かったので
だったら自分で描くか〜、くらいのノリです。
(しかも小説でも日本の絵師を主人公にしてるものが少ない)

誰もやってないからこれは穴場だ!!
これから日本美術ブームが来るからやるぞ!!
みたいな戦略的な考えはなく、
むしろ、世間ウケは考えずにただ自分の描きたいものを描いちゃえ…
的なノリでした。

それが2008年。
WEBで公開した当初は

「なんでこんな漫画描き始めたの?」

「マニアックな漫画を描き始めたね〜」

みたいな、少々変人扱い的な反応だったのが、
その翌年の2009年、
なんと!「歴女ブーム」&「阿修羅ブーム」の到来。

当初、変人扱いだった主人公「岡倉てんこりん」だったが
2009年のこのブームより、実は私、てんこりんと同じ趣味です!!
みたいなリアルてんこりん読者からぞくぞく感想が。
マニアック漫画のつもりだったのが、あるある漫画に(笑)
やっぱりマニアの世界は広いなと思いました。

この勢いで数社から出版オファーがあり、
2010年、カンゼン社より出版となりました。

皆様、この名作もうお手元にあるでしょうか!?
まだの人は騙されたと思って手に入れてみてください。
本当いい本になっております!!

「書籍化までの思い出」その1
「なぜ国宝トゥナイトという漫画を描いたのか」でした。
しばらくこのシリーズ続けます。

では更新情報

【国宝トゥナイト】更新
東大寺でデート中のてんことひらぎのだったが、思わぬ再会が…。
時はいつか二人をまた…

「何も言えなくて…奈良」
http://p.tl/1Twz

漫画の感想お待ちしております!
posted by いわきりなおと at 04:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 国宝トゥナイト!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41600936

この記事へのトラックバック

変な体位でいれまくったw
Excerpt: 昔バレエしてたらしく無茶な体位で中に出しまくったら全然ザー汁出てこないしw 爪先立ちさせて潮ふかせたりして39枚もらいましたw
Weblog: 中に出したら出てこない
Tracked: 2010-11-08 02:34