2008年11月13日

ジョジョ1部っぽい

バリーリンドン観ました〜



キューブリック作品。
キューブリックといえばSF3部作(博士の異常な愛情、2001年、時計仕掛け)の評判ばかりで、(僕もその3つがフェイバリットだったのですが、)この映画もすごくキューブリック的でよかったです。
これももっと語られるべき!

舞台は中世ヨーロッパ。
キューブリックなので徹底的に当時を再現してて美しい。
映像の質感、構図、音楽、衣装。すべて美しい。

ハリウッド映画みたいにドキドキハラハラのストーリーではないので
ハリウッド映画を映画の標準にしている人には退屈だと思います。
ストーリーというより、中世ヨーロッパのバリーという人物のドキュメンタリーだと思って観るのがこの映画の楽しみ方だと思います。

ちなみに個人的におもったのが、展開がジョジョ1部のディオっぽい話しだなぁと思いました。(元ネタ?)
posted by いわきりなおと at 16:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画のレビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22820733

この記事へのトラックバック

関連する記事を集めています
Excerpt: エステ・ファーストビューティー人気体験〜エステマニア〜
Weblog: エステ・ファーストビューティー人気体験〜エステマニア〜
Tracked: 2009-02-13 17:58