2008年11月05日

おろしや国酔夢譚

「おろしや国酔夢譚」観ました〜



史実に基づいた映画です。
江戸時代の日本人の船が嵐にあって外国に漂流。
変な島にたどり着いたけどさて大黒屋光太夫たちは
無事に日本には帰れるのか!?
という話です。

漫画「風雲児たち」で大黒屋光太夫のことがかなり大きく取り上げられててそっちもかなりおもしろいですが、映画は映画ですごく面白かったです。原作も読もうかな。

漫画「風雲児たち」も合わせて読むのをおススメします。

鎖国してた日本を外国目線で観ると本当滑稽ですね。
posted by いわきりなおと at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のレビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22420528

この記事へのトラックバック